血小板凝集能

血小板凝集能を改善するならアラキドン酸

アラキドン酸は体の中に入ると酵素が働きかけて様々な機能を持つ物質へと変わっていきます
そのなかでも今回は血液凝固に関わる物質を中心に考えます。
血液が固まるために必要なものはフィブリンというたんぱく質と、カルシウムイオンと、血小板です。
血小板は血液の有形成分の一つです。

血液には有形成分では赤い元である赤血球と白血球、血小板、そして無形成分の血しょうが含まれています。
アラキドン酸は、この血液をサラサラにする効果を持っていて、それはこの有形成分と無形成分を運びやすくなることにつながります。
もしドロドロであると、血は流れにくくなるので、必然的に血を固めることは難しくなります。

余談では、なぜドロドロになるのかというと、糖分や塩分が多すぎる場合や脱水症状などの原因も考えられます。
血液がサラサラになるということは合わせて血圧も下がるということになります。
こうしてみると一石二鳥であると言えます。

また、アラキドン酸は体の中で代謝されて、トロンボキサンA2という物質に変わります。
これは、血小板の凝集を引き起こしてくれる作用があります。
この二面的な側面から、アラキドン酸は血小板凝集能を改善してくれるといえるのです。
アラキドン酸はサプリメントとして売られていますので、誰でも手軽に摂ることができます。
こちらのアラキドン酸サプリメントのすすめでは、サプリメントの効果的な摂り方や、気をつけてほしい点などが詳しくまとめられていますのでご覧ください。